HOME > はじめての方へ 調査依頼をする前に > 調査依頼をする前に

調査依頼をする前に

無数に存在する調査会社や調査機関、その他にも協会や団体など・・・

様々な窓口がございます。

依頼者様がどこに依頼していいのかまったく判断する材料や情報が無いと言える

興信・探偵業ですが、私的な判断方法を簡単に御紹介致します。

依頼者様に出来る調査に必要な情報収集

まず大切なのは、今までの経過履歴や経緯を解りやすくレポート用紙に年表のように記録することです。

上記の用紙の空きスペースに対象者になる人物の情報を記入していきます。第二対象者がいる場合にも同様に記入して下さい。

別の紙に依頼者様の調査機関に伝えたい意思を記入して下さい。

対象者や第二対象者の氏名・電話番号・住所・勤務先など解っている範囲で結構です。携帯電話の番号やメールアドレスなども非常に役立つ情報です。ただし!無理に探ったりしないで下さい、異変に気付き対象者が警戒したら 調査により判明する情報も半減します。当社の相談員は必要に応じて情報収集の極意をお伝え致します。料金負担軽減化の為にも無理な情報収集はしないで下さい。

上記で用意したレポート用紙は、全て契約した相談員に渡して下さい。万一対象者に見られたら大変な事になりますのでくれぐれもご注意下さい。

どの調査会社に依頼したらいいの?

広告内容がわかりやすく丁寧な調査会社を数件選ぶ。

メディアに出てるから・大きそうな組織だからっと言うのはまったく意味を持ちません重要なのは、貴方を担当する相談員です。

インターネット上で「全国に支社や営業所を持っています」と過大表現をしていても実際には、そうでない会社が存在します。

依頼者様に必要な事は、

・対象者の行動範囲で十分な調査が出来るのか?

・依頼者様の要望に十分応えてくれるのか?

上記の二点だけに気を付けて探偵社を選んでください。

悩んでいる問題について電話相談で数件に相談する。

個人情報や対象者の名前など個人情報や固有名詞は教えない。

この時同じ内容で相談をして大まかな金額や話の内容をメモする。話の合う相談員がいたら、面談の時にその方が来てくれるのかを確認しておく。(違う人が来るようなら避けておいた方が無難です)

数件の中から話の合う調査会社と約束をして面談による相談をする。

約束した方が来なかったり複数の相談員が来るようなら即決せずに数時間後に断る。(個人情報は教えない方が無難です)

担当者が定まらない調査会社は、万一トラブルになった時に窓口がはっきりせずに責任の所在が不明瞭になります。

金額提示が突然高くなったり、話の内容が理解できなかった場合は数時間後に断る。

気に入った調査会社が無ければ再度①から繰り返す。

気に入った調査会社でもなるべく最小限の金額や日数での契約にする。

契約した調査の調査結果を確認後、 継続契約をするかどうかを判断する。

この時に対象者の動きに拘らず途中経過の連絡や報告書の内容によって判断する 報告内容に納得いかない場合は、①に戻りもう一度、調査会社を探す。貴方の人生を左右する調査です人生のパートナーを選ぶと思って下さい!信頼できる相談員に出会うことが重要です!

当社は、決して大きな会社でもなく、大きな組織でもありませんが・・・

貴方の人生の再構築の為に、貴方の人生と、大きな責任を背負い 貴方をサポートし最善へと導きます。