HOME > ストーカー調査・つきまとい調査・嫌がらせ調査 > ストーカー行為・つきまとい等規制法・迷惑防止条例

ストーカー行為・つきまとい等規制法・迷惑防止条例

ストーカー行為等規制法とその解説

この法律でいうストーカー行為とは「つきまとい等」を同一の人物に対して反復してすることをいう 「つきまとい等」とは特定の者に対する恋愛感情や好意、またそれが満たされなかった事による怨恨の感情を充足する目的で、特定の者またはその配偶者やその他社会生活において密接な関係をもつ人たちに対して行う以下の行為である。

①  つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、見張ったり住居に押しかけたりする事

②  その行動を監視していると思わせるような事を告げ、またはその知りうる状態に置く事

③  面会、交際その他義務のない事を要求する事

④  著しく粗野または乱暴な言動をする事

⑤  無言電話や拒否されたのに連続して電話かけたりファクシミリを送信する事

⑥  汚物や動物の死体など著しい不快感または嫌悪感を抱かせるようなものを送りつけたり、知りうる状態に置く事

⑦  名誉を害する事項を告げたり、その知りうる状態に置く事

⑧  性的羞恥心を害する事項を告げもしくはその知りうる状態に置いたり、性的羞恥心を害する文書、図画その他の物を送付したり、もしくはその知りうる状態に置く事

『何人も、つきまとい等をして、その相手方に身体の安全、住居等の平穏もしくは名誉が害され、 または行動の自由が著しく害される不安を覚えさせてはならない』

迷惑防止条例とその解説

各都道府県で定められた条例の一部をご紹介します。ここに紹介する条例は東京都の迷惑防止条例の中でストーカー行為を規制する目的の条例です。各都道府県でも必ず同様の条例が施行されていますのでご参考までに御覧下さい。

東京都迷惑防止条例(つきまとい行為等の禁止)

第5条の2

1

何人も、正当な理由なく、専ら、特定の者に対するねたみ、恨みその他の悪意の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し、不安を覚えさせるような行為であつて、次の各号のいずれかに掲げるもの(ストーカー行為等の規制等に関する法律(平成12年法律第81号)第2条第1項に規定するつきまとい等及び同条第2項に規定するストーカー行為を除く。)を反復して行つてはならない。この場合において、第1号及び第2号に掲げる行為については、身体の安全、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下この項において「住居等」という。)の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限るものとする。

つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居等の付近において見張りをし、又は住居等に押し掛けること。

著しく粗野又は乱暴な言動をすること。

連続して電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ若しくは ファクシミリ装置を用いて送信すること。

2

汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り 得る状態に置くこと。

3

条の規定の適用に当たつては、都民の権利を不当に侵害しないように留意し、その本来の目的を逸脱して他の目的のためにこれを濫用するようなことがあつてはならない。

解説とケア

解説

上記に御覧いただきました『ストーカー行為等規制法』『迷惑防止条例』についてはほぼ同様の規制や法律とお考え頂いて良いと思います。 処罰などは、まだまだ軽いという批判も少なくないのですが・・・まずは警察や公安に協力を求めストーカー行為やつきまとい行為を中止させ ます、法律や条令を有効的に利用する為に事実を記録する事や相手を特定する事が解決への第一歩になるのです。 そしてその後に損害賠償請求(民事での慰謝料請求)をする為に、記録した事実を証拠として利用する事になります。不安や苦しみを抱えた 日々を思えば・・慰謝料もしっかりと頂くべきです。

ケア

私共が出来るお手伝いは証拠収集の他に依頼者様(被害者)が精神的被害(複雑性PTSD)に及ばぬように24時間体制で担当者がメンタル ケアをしてまいります。 少しでも早く安心して頂けます様、まずは無料相談をご利用下さい!